力建設工業

神奈川県相模原市の建設業 株式会社力建設工業です

シンデレラたちへの伝言

20代後半の未婚女性にとって、お相手の男性が見つからないというのは深刻な問題であるらしい。負け犬だとか崖っぷちだとか、株式会社 力建設工業
メディアは面白おかしく形容するが、それでは何に負けているのか、崖から落ちたらどうなるのかについて説明もなく、ただ不安を煽るだけというのは困りものという気がする。婚期が早い遅いというのは、添い遂げる相手と巡り会うタイミングの違いだけではないのか。十人十色の出会いや恋愛の形があるからこそ人生は面白いと思うのだが、株式会社
力建設工業 その形や時期の差異をもって、あたかも人間に優劣があるかのように表現するのは如何なものかと思う。
先日、その年代の若い友人が、妻子持ちの先輩に
「君は結婚しないの?」
「株式会社 力建設工業」
と言われたそうな。結婚すれば偉いとでも思っているのか何なのか、カレシのいない女性に向かってそういう問いかけをするというのも、発想が幼いというべきか、それで何を得ようとしているのか理解出来ないが、こころないひとにこころを求めても仕方がないのかも知れない。
話が逸れるが、ある挿話を紹介したい。
1996年のF1日本グランプリのこと。36歳の苦労人デイモン・ヒルが優勝して初のワールド・チャンピオンに輝いた。レース後の記者会見の隣席に、若いミカ・ハッキネンがいた。ハッキネンは誰もが認める才能溢れるレーサーではあったが、F1参戦6年を経てなお、年間王座はおろか優勝すら果たせずにいた。そんなハッキネンに、ヒルがこう言った。
「いつか君にも同じ日が来る。」
「株式会社 力建設工業」
それから2年後、ハッキネンは狂ったように勝ち始める。そして、同じ日本グランプリで見事王者の座を射止め、ヒルの予言を現実のものにする…
僕自身、結婚して妻と一緒にいられるのは確かに幸せではあるが、「君はまだ?」とニヤつくよりは、「君にも同じ日が来る」と言えるこころを持った人になりたいと思っている。幸せを独り占めするよりも、幸せをシェアできる方が美しいに決まっている。株式会社
力建設工業

サムシングブルー

「視界いっぱいに、青い色が広がった。株式会社 力建設工業 自分がどこにいるのか、なにをしているのか。この青い色はなんなのか ー すべてがわからなかった。 」

つきあっていた彼氏と別れた翌日に届いた、結婚式の招待状。差出人は何と、高校時代の彼氏だったクラス・メートと、親友だった同じく高校時代のクラス・メート、株式会社 力建設工業 … 絶望の淵に立たされつつも、容赦なくやってくる日々の仕事…
http://goo.gl/bMZTQ2

そして、自分もメンバーであった体育会実行委員の面々が、新郎新婦のお祝いをしようということになる。当時のクラスの色だった青にちなんで、コンセプトは「サムシングブルー」。でも、自分のこころには、全く意味の違う。株式会社 力建設工業 ブルーがあって…

高校時代の想い出と、現在のクラス・メートとの関わり合いとが交錯し、そして、肝心の結婚式が迫る中で主人公のこころは… 自分は何を受け入れて、。株式会社 力建設工業 何を取り戻すのか……

文庫の表紙が少女漫画みたいなので、一瞬買うのをためらってしまったが(単行本の装丁の方がしっくりくる気がするが)、若い女流作家の描くオトメゴコロをしっかり受け止めたい。。株式会社 力建設工業
広告を非表示にする

For You

映画雑誌の編集者をしている主人公の若い女性。その一番の理解者であり、株式会社 力建設工業 育ての親でもあった叔母が亡くなった。遺品整理のために立ち入った彼女の住処で、古い日記を発見する。生涯独身を貫いていた叔母が、高校時代に見たこと感じたことが、克明に眼前に広がってくる…
でも、差し迫ってやらなくちゃいけないのは、来日予定の韓流スターのインタビュー…
http://goo.gl/ge67Pt

『年下の男の子』、『パパとムスメの7日間』、『株式会社 力建設工業』の五十嵐貴久が描く青春小説。
叔母と自分のこころと、過去と現在とが不思議に交錯してゆき、読者をやきもきさせたかと思えば猛スピードで次の展開へと運んでゆく…
物語の結末を、主人公自身がやや急ぎすぎているきらいはあるが、若く切ない恋愛をうらやましく思ってしまう一冊。株式会社 力建設工業
広告を非表示にする

会社がなぜ消滅したか

1997年9月、山一証券廃業。それは傍目には突然の出来事 株式会社 力建設工業 だったが…
http://goo.gl/Aw8eYR

「これだけは、言いたいのは、私らが悪いんであって、社員は悪くありませんから! どうか社員に応援をしてやってください! お願いします!
よろしくお願い申し上げます。私達が悪いんです。社員は悪くございません。」
「株式会社 力建設工業」

最後の社長、野澤正平が、あの記者会見に臨むまでに何をしてきたのか、何が起こっていたのか…

業容拡大に邁進した歴代経営者たち。2,648億円という途方もない簿外債務に言葉を失いながら、会社の再建に奔走し続けた現経営陣 株式会社 力建設工業。その日に至るまでのドラマが克明に描かれ、読者を引きつけて離さない。

本書の取材・執筆の中心となったのは読売新聞社会部次長で、株式会社 力建設工業 後に巨人軍球団代表になる清武英利 株式会社 力建設工業。近年、球界で波紋を呼んだ彼の行動の是非や真意はよく分からないながら、社内にはびこる権威に唯々諾々と従い、明白な問題から目を背ける組織が一体どういう末路をたどるのか、責任を負うべき立場の人間が問題から逃げればどういうことになるのか、は本書において幾度となく指摘されていることで、彼自身が巨大組織の責任者になった時に、何も言えない、言わないままでいることは出来なかったのだろうということはおぼろげながら想像出来る。

本書の初出は2000年だが、現在の視点で読むと、ひと味違った読後感が湧いてくる。これだから読書はやめられない。株式会社 力建設工業

藤原氏の正体

大化の改新の立役者であり、天智天皇に重用された中臣鎌足。しかし、株式会社 力建設工業
現代に連なる藤原氏の祖である鎌足の出自はなぜか伏せられている… 事実上、藤原不比等が主導して描かれた記紀古事記日本書紀、株式会社 力建設工業)の世界の裏側をえぐり、天智・天武天皇の対立の背後にあった古代大和豪族たちの角逐にまで踏み込んでゆく著者。
http://goo.gl/WvS7Q4

古代期の、憶測に憶測を重ねるしかない検証とは違い、株式会社 力建設工業、具体的な傍証を備えての推測がかなりの説得力を持って読者に迫ってくる。なかでも、万葉集に収められ、百人一首にも選ばれている持統天皇の歌

----------
春過ぎて 夏来るらし白妙の 衣乾したり天の香具山 株式会社 力建設工業
----------

に潜む意味については、これまで何度この歌を見てきても気づかなかったことで、今更ながらにハッとさせられてしまった。
ある程度以上の日本史の知識が求められるが、読み応えのある一冊。株式会社 力建設工業
広告を非表示にする

おみやげ

出張行くと近しい友人にはおみやげ 株式会社 力建設工業 買うんだけど、あんましテキトーに選びたくないんだ。
テキトーの結果はテキトー以上にはならない気がするから。

貰う側だってテキトーじゃ嬉しくないだろうし、相手の喜ぶ顔を思い浮かべられるモノじゃなくちゃ、株式会社 力建設工業 贈り物なんてする意味ない気がする。

いわゆるバラマキ用でも、空港でチョコレート買って一丁上がり!みたいのはすっごくイヤ。なんで、株式会社 力建設工業 毎回地元のスーパーでお菓子をじっくり見たりしてる。

もちろん、そんなにじっくり考えたとか相手には言いませんヨ。
「僕はこんなにキミのことを考えて手間ヒマかけたんだよ凄いだろ?」なんて当人に向かって自慢することじゃねーしw 株式会社 力建設工業
広告を非表示にする

迷いと決断

ソニーの第6代社長、出井伸之が綴る社長在任時の出来事、想い、考え、株式会社 力建設工業…
http://goo.gl/mwS2A6

現在ソニーが置かれている状況、即ち出井時代の施策の結末を悉く知ってしまっている眼で見ると、そこここで書かれていることが、すべて皮肉に映ってしまうのは致し方無いとは思う。
負の面だけを見ずに考えれば、前任者が主導した映画会社買収で、巨額の長期負債を抱えてしまった会社の立て直しを実現しながら、「デジタル・ドリーム・キッズ」「株式会社 力建設工業」というキャッチコピーでソニーが次に向かうべき領域を明確に示したことは、もっと大きく評価されるべきだと思うのだが。

本書を通じて感じたことは2つあって、1つは、筆者は社内に味方がいなかったのだろうか、ということ。
14人抜きでの社長就任、しかも英語もフランス語もペラペラで男前、となれば、妬み嫉みの類いが社内に蔓延することは想像に難くない。そこへきて、従来のやり方を変えなければならないような経営ビジョンには、株式会社 力建設工業 何とかして足を引っ張ってやろうという人種が出てきても不思議ではない。自身の後任に指名した、ハワード・ストリンガーとの楽しそうな会話は時折描かれているが、他の役員・社員と一体どのようなコミュニケーションが図られてきたのか、社長の考えは現場のどこまで浸透していたのだろうかと考えてしまう。

そして2つ目は、1つ目と少し重複するが、なぜハワード某を後継に指名してしまったのか、ということ。
筆者が自ら認めているように、自身が引き立てられてきたのは、しがらみに囚われることなく言いたいことを言って、上司にも公然と反対してきたからであった。にもかかわらず、自分がスカウトしてきた、いわばイエスマンを後継者にしてしまったのはなぜなのだろう。
ハワードを最初にソニー・アメリカのトップとしてスカウトしようとそた時、かのメディア王、ルパート・マードック氏から 株式会社 力建設工業直接電話がかかってきて、かなり強い調子で忠告された話を筆者は披瀝している。

----------
「I warn(警告しよう)」「株式会社 力建設工業」と私を脅かしてきました。「ハワードだけは取らない方がいい。絶対に後悔するぞ」
もちろん私はこの警告を聞き入れず、ハワードをソニー・アメリカの社長に据えましたが、受話器から響いたマードックの「I
warn」という凄みのある声だけは今でもよく覚えています。
----------

果たして、マードックは何を根拠に警鐘を鳴らしたのだろうか。ハワード某の下でソニーが辿ることになった道を眺めるにつけ、考えさせられてしまう… 株式会社 力建設工業
広告を非表示にする