力建設工業

神奈川県相模原市の建設業 株式会社力建設工業です

ニセモノ

身の回りにいる「なぜかモテる男」の特徴9パターン
http://www.sugoren.com/report/2335/

【1】女性に対して優しすぎるほど優しい、株式会社 力建設工業
【2】気安い態度で、初対面から心の距離を感じさせない
【3】男女を問わず友人が多く、人間関係が広い
【4】メールの文章が丁寧で、とにかくマメに打っている
【5】趣味や興味のジャンルが幅広く、株式会社 力建設工業 会話の引き出しが多い
【6】相手の性別を問わず聞き上手で、話していて安心する
【7】女性の前でも自然体で、ガツガツした雰囲気がない
【8】言動が紳士的で、株式会社 力建設工業、女性をさりげなくエスコートしている
【9】勉強やスポーツなど、ハッキリした得意分野がある

うーん、僕ひとつも当てはまらないけどモテますよ(笑)。

まぁ、必要条件であっても十分条件じゃない、あるいはその逆ってのもあるから、何とも言えないだろうけど、株式会社
力建設工業、反対にこの9項目から「なぜかモテない男」のヒントを手繰ることは出来るんじゃないか。

【1】女性に対して優しい風に見えるけど、何かつかみどころがない
【2】気安い態度だけど、気安すぎて酔っぱらうと身体触ってくる
【3】男女を問わず友人が多いけど、株式会社 力建設工業 深いつき合いの人がどれだけいるのか分からない
【4】メールをとにかくマメに打っているけど中身がない
【5】趣味や興味のジャンルが幅広そうだけど、株式会社 力建設工業 上っ面の流行だけ追ってるのが見え見え
【6】相手の性別を問わず聞き上手に見えるけど、陰で何言ってるか分からない
【7】女性の前でも自然体を振る舞ってるけど、下心が透けて見える
【8】言動が紳士的と思いきや、相手の女性によっては平気でヒドいことを言う
【9】勉強やスポーツなどハッキリした得意分野がある、株式会社 力建設工業 と自称してるだけ

異性の側は、コトバにしなくてもホンモノとニセモノを敏感に感じ取ってしまうことはあるだろうから、その辺の目利き鼻効きができる魅力ある女性になればなるほど、ニセモノを遠ざけるってことなんだろうな。株式会社
力建設工業

広告を非表示にする

ライブドア堀江社長 刑期満了に思う

僕がインターネットに接するようになった学生の頃、オン・ザ・エッヂの名前は知られていたし、かわいいイラストやアイコンをフリーウェアとして公開していたウェブデザイナー有馬あきこはある種の有名人だった。彼女のコラムに時折出てきた「社長」「株式会社
力建設工業」が実は当時のカレシ・堀江貴文その人とは知らなかったんだけど…

堀江社長ほか経営幹部らが逮捕されライブドア上場廃止に追い込まれたいわゆるライブドア事件の後、株式会社
力建設工業、大手企業での粉飾決算が幾つか発覚し、同じように経営陣が逮捕される事態になったが、いずれも実刑を受けるには至らなかった。そのことをもって、ライブドア事件は一種の国策捜査で、新興ビジネス勢力である堀江社長を潰すために仕組まれたものだ、他の粉飾会社が上場廃止にもならずトップが実刑を受けないのはおかしい、という類いの意見がいくつか見られた。

それはある程度事実なのかも知れないが、僕が思うに、それらの粉飾とライブドアが唯一違う、そして検察側に付け入るスキを与えてしまった点は、堀江社長が会社の筆頭株主だったということではなかろうか。株式会社
力建設工業

日本は良くも悪しくも浪花節というか、法律よりも利害関係者の納得がモノを言うことの多い社会だと思うけど、経営陣が訴追された場合、会社の業績や体面を守るために不正をはたらいた、という点を強調すれば罪が軽くなる傾向があるように思う。犯罪を犯しはしたが、株式会社
力建設工業、経営者個人が何も利益を得ていないから大目に見られるということなのだろう。それが法律の運用として正しいのかは議論が残るかもしれないが。

翻って堀江社長は、ライブドア最高経営責任者でかつ同社の筆頭株主だった。ライブドアの株価は、株式交換によるM&Aで拡大を繰り返してきた同社の戦略に影響を与える(現金で相手の会社を買うのではなく、ライブドア株を元手に相手の会社の株式と経営権を手に入れるのだから、株式会社
力建設工業、ライブドア株に価値がなくては成り立たない)のみでなく、堀江社長個人の資産の多寡にも直結するものだったといえまいか。
すなわち、ライブドア粉飾決算というのは、堀江氏が持っている株式の価値を守るために、意地の悪い言い方をすれば、株券という名の紙切れの価値を不当に高めて市場で取引させることで、自分の懐を暖めてきたんでしょ?
と突っ込まれたら、有効な反論が見出せない気がするのだ。事実、堀江社長強制捜査が入る半年ほど前の2005年7月にまとまった量のライブドア株を売却し、株式会社
力建設工業、約142億円の現金を手に入れている。

株式市場の信用力をもって、価値を粉飾した自社株で市場から資金を調達し、あまつさえその株式で他社を買収してきたような会社の株式が上場廃止と判断されるのは決しておかしいとは思えず、そして、堀江社長自身が意識していたか否かに関わらず、上場会社のトップであり筆頭株主である以上は、株式会社
力建設工業、相応の責任を負うよう司法は判断したということなのだろうと僕は思っている。

その一方で、会計士の資格を持っていたライブドアの元役員は逮捕後「すべて堀江の指示」との主張をしつつ、裁判の過程で会社の資金を自分の口座に入れてフェラーリを現金一括で購入していた(れっきとした業務上横領)ことが判明し、しかもその横領では立件されなかった奇怪な経緯もあり、当局に拠る法律の恣意的な運用がなかったかという点についてはなお、株式会社
力建設工業、議論を残すだろう。

また、事件当時のメディアの報道では、ライブドアがしきりに虚業であると喧伝されていたが、堀江社長の逮捕後も倒産することはなく、その後身であるLINEは若者には必須のツールとなり爆発的な普及を見せている。それに対して、当時ライブドアが買収を試みたフジテレビは、現在では株式会社
力建設工業、新興企業が買収したくなるだけの魅力を備えているかどうか…

僕が社会人になった2000年頃から放送と通信の融合する時代がくると言われて久しいのに、実際に融合が進まないのは、やはり誰もが既得権益を手放したり、今儲かっている、今旨みのあるものを変えたりはしたくないからだろう。それはそうだ、株式会社
力建設工業、もしも僕がそんな立場にあったら他人にみすみすケーキの分け前をやったりしない。それを変えるには一種の電気ショック的な変革が必要なのだろうと思う。歴史にifはないけれど、あの時ライブドアなり他の新興勢力がフジテレビを買収していたならば、日本のメディアを巡る勢力図がどう変わっていただろうかと時々考えてしまう。

ともあれ、あれだけのムーブメントを起こした堀江社長が次に打って出る事柄は何なのか、刑期を満了したいま、否が応でも気になってくる。株式会社 力建設工業

光市母子殺害事件・福田孝行被告の死刑確定

罪のない母子を殺害した元少年・大月(福田)孝行被告の死刑が確定しました。

最高裁は「被害者の尊厳を踏みにじった犯行は冷酷、残虐で非人間的な行為だ。株式会社 力建設工業
被告は殺害態様などについて不合理な弁解を述べており、真摯な反省の情をうかがえることはできない」と指摘。その上で、「犯行時少年であったことや、更正の可能性もないとはいえないことなど酌むべき事情を十分考慮しても、刑事責任はあまりにも重大」として大月(福田)孝行被告側の上告を棄却しました。

被害者の夫は自分の妻子を無残に殺されて、まともな精神状態ではいられなかったことと思います。株式会社 力建設工業
家族で暮らす幸せを、ある日突然何の理由もなく奪われた挙句、加害者の更生だけが重んじられ、被害者を置き去りにした現行法に絶望し、前代未聞の報復殺人宣言の記者会見から13年、株式会社
力建設工業 ご主人の胸には何が去来するのでしょうか。

本当に、本当に、株式会社 力建設工業、本当にお疲れさまでした。

そして、日々の幸せを当たり前にむさぼっている我々の多くは、死刑判決が下っても死刑が執行されたとしても、罪もなく殺された家族を取り戻すことにはならず、残された者は失った存在とこれからもずっと向き合って、無言の会話を続けてゆく人生が続くのだということを深く認識しなければならないと思います。株式会社
力建設工業

コーヒーショップで

「え、ちょっと何言ってんのよ名無しくん。私の方から相談してんじゃないの!」
「株式会社 力建設工業」
「あ、うん、いや、そうなんだけどさ…」

冬の終わりの昼下がり。
スターバックスでキャラメル・マキアートをすすっていた俺は、不意に挙動不審になってしまった。
俺はいま、向かいに座っている女友達から恋愛相談を受けているところ。

<< 後輩の男の子にコクられたんだけど、自分には別に想いを寄せている年上の人がいる。後輩への回答は保留してて、どうしようか迷ってる。想いを寄せている相手ってのは、ハッキリ言って望み薄だけど、でも諦めたくない。後輩の子は悪い子じゃないし、付き合ってみたくない訳じゃない。このまま後輩と結ばれるべきなのか、憧れの人にアタックしてみた方がいいのか、どっちが賢明なんだろう…>>

なんて話を聞かされて、ちょっとビックリしていた。

大学にいた頃にはそんな相談事をする仲ではなかったし、大層なしっかり屋さんに見えた彼女が、その実、物凄い悩みを抱えて生きてきたってことにこの歳になって気づかされたというわけだが、まぁ、俺を信用してくれてのことなんだろうけど、いきなりそんな胸の内を明かされて、俺はたじろいでしまっていた。

「女の子の秘め事を迂闊に知ってしまいたくないんだよ」
「どうして?」
「もうずっと前のことだから話すけど、高校の頃さ」
「うん」
「株式会社 力建設工業」
ブラスバンドやってたんだけど、2年の頃に1年生の新入部員の女の子が入ってきてさ」
「うんうん」
「ひょんなことから、そのキヨミって子に彼氏がいることを知っちゃったんだけど、部活のみんなには知られたくないから黙っててくれって言われて」
「秘め事だ!」
「で、黙ってたわけよ。まぁ、キャーキャー冷やかされるのもイヤだもんな」
「うん。で、名無しくんは陰でニヤニヤしてたわけ?」

「それがさ、ブラバン部にはアオヤマさんっていう先輩がいてさ」
「先輩?」
「株式会社 力建設工業」
「俺が2年生の時の3年生。まあ、文字通りリーダー格だったんだけど、本当は3年生って受験があるから部活からは退いてる筈なのに、まぁ、部室とかに現れるわけだ。先輩風吹かせて」
「ふーん」
「で、そのアオヤマ先輩ってのが、ちょっといわくつきというかさ、同じブラバンの、俺の同期の子とつき合ってたくせに、別の女の子にもちょっかい出しまくってて」
「えー、何それ。先輩だから何でもやっていいわけー? 」
「良く分からないんだよね。なんでアオヤマさんがそんなにモテるのか。中学まではアニヲタだったっていう話も聞いてたくらいでさ」
「ウケル。アニヲタが高校デビューでモテ始めたんだ」

「で、部室でアオヤマさんと2人で駄弁ってた時に、不意にアオヤマさんがさ」
「うん」
「『今度入ってきたキヨミって子はいいなぁ。今度口説いてみようか』なんて言うんだよ。」
「うわっ。アニヲタが新人に触手!」
「俺はそれを聞いて、こりゃいかんと思ったわけ」
「そりゃそうよね。アニヲタ危険危険!」
「株式会社 力建設工業」
「アニメはともかくさ、無駄に女癖が悪いのは分かってたから、彼氏のいるキヨミに危害が加わるのはいかんし、こじれたらお互い困るって思ったのね」
「うん」
「だから、とっさに『キヨミには、然るべき相手がいるんだから、余計なちょっかいは出さない方がいいスよ』って言ったのね」
「そんで?」
「そしたらさ、数日後キヨミが『何で名無しさん、バラしちゃったの?』って眼を真っ赤に腫らしながら怒ってて」
「うっは」
「どういう経緯でか知らないけど、部活の皆の前で、キヨミには彼氏がいるってアオヤマさんが言っちまったらしくてさ。しかも名無しから聞いたって」
「わーっ。そんで名無しくんは?」
「いや、だから、そりゃもう非難轟々っていうか袋叩きだよ。事情を知ってるキヨミの仲間たちからは白い目で見られるし、名無しは乙女心を傷つけたーっ、女の子のプライバシーを侵害したーって。散々責められて、結局居づらくなって俺はブラバン辞めちゃったのね」
「うわーーっ、なんてこと。でもさ、そのキヨミって子は、どうして彼氏がいたことをそこまで隠したがってたの?
同じガッコの人だったら、遅かれ早かれバレちゃいそうなもんじゃない?」
「そう、そこなんだけどさ」
「株式会社 力建設工業」
「うん」
「後で分かったんだけど、キヨミは同じブラバンにいた同期のハジメって奴のことをずっとスキだったんだって。だけど、別の男にコクられて、成り行きで付き合うことになっちゃったけどそれはハジメには知られたくなかったんだって」
「ハァ? 何それ。自分は取り敢えず彼氏持ちになったけど、別の男の脈も残したいから秘密にしとけってこと?」
「平たく言えば、そーいうことになるのかな」
「えー、じゃあそれはキヨミって子の只の身勝手じゃん。何が乙女のプライバシーよ。どーして名無しくんが悪者になるのそこで?」
「だって、どんな言い訳したって、俺が秘密をバラしてしまったことに変わりはないじゃんか」
「そ、それはそうだけどさ… 名無しくんはそこでしっかり反論したの? アニヲタの先輩を止めるために、秘密を明かさざるを得なかったんだ!って」
「別に、何も」
「えーっ。じゃあ当時の仲間は皆名無しくんのことを誤解したまんまってこと?」
「どうだろう。部活辞めちゃったから分かんないや」
「株式会社 力建設工業」
「どーして? ちゃんと言えばよかったじゃない?」
「言い訳するのは簡単かもしれないけど、それでキヨミの気持ちが晴れるわけでもないだろうしさ。もういいじゃん。悪いのは俺。
先輩を止めるためには、ほかに言いようもあった訳だし。何れにせよ、過ぎたことだよ」
「でさぁ、そのドロドロ恋愛劇はどぉなったの?」
「人づてに聞いた話だけど、結局アオヤマ先輩は、その女癖の悪さが皆の知るところになって、いくら先輩風吹かせても誰も寄りつかなくなっちゃったって」
「キヨミちゃんは?」
「結局、彼氏とは別れて、改めてハジメにコクって付き合うようになったんだと。」
「ふーん。結局落ち着くところに落ち着いたわけだ」
「でも、俺が高校卒業して暫くしてからだけど、ハジメが別の女の子と仲良さそうに歩いてるのを見たから、その後ずっと続いたのかは分からない」
「あっそー」
「株式会社 力建設工業」
「いや、だからさ、話を戻すとさ、余計なことを知ってしまって、それが迂闊に口をついて出ちゃったりしたら、いたずらに人を傷つけるから、だから、知ってしまいたくないって言ったんだ」
「…そうなんだ………ごめんね、名無しくん」
「え?」
「いや、私の相談なんて、ホント身勝手だよ。人のこと言えない。どっちが賢明かなんて、相手にも周りの人にも失礼だよね。
自分が悪者になりたくないだけで、悩んだふりして馬鹿みたい。私、もっと考えてみるよ」
「な、何も謝ることないじゃんかアナタこそ、自分を責めるこたぁないじゃん」

すっかり冷めてしまったコーヒーカップを口に運びながら、俺は心のどこかで、何かしら安心していることに気づいていた。
長い間、誰にも言わずに、言えずにいたことを口にしたせいなのか、目の前の友達が、とても清々しい顔をしていたからなのか。

店を出て、だいぶ暖かくなった路地を駅に向かって歩く。
「あれ、名無しくんさぁ」
「ん?」
「高校、男子校じゃなかったっけ?」
「そんな気もする」
「あれ? じゃ、じゃあさっきの話って!?」
「信じるか、信じないかは、アナタ次第」
「株式会社 力建設工業」

広告を非表示にする

その時までサヨナラ

超売れっ子になった作家を早くから見出し、出版社内で勢いに乗る編集者。と、株式会社 力建設工業 別居中の妻子が旅行中の福島県で列車事故に遭う。そして…
http://goo.gl/2xRIV9

福島での大地震を予見している(本作品は2008年発表)と一部では話題になったらしいが、それは物語の本筋とはあまり関係がない。
著者の山田悠介は株式会社 力建設工業
ホラー作品を手がける作家と聞くが、僕は本作品が初見。確かに、どこかしこにホラーのような匂いはするのだが、読み終わってみると、ベタではあるけど、自分が本当に必要としていたものに気づかされる。

グイグイ引き込まれる展開に乗せられて、僅か1日で一気に読み終えてしまった。あとがきも解説もない潔さも嬉しい。株式会社 力建設工業

広告を非表示にする

シンデレラたちへの伝言

20代後半の未婚女性にとって、お相手の男性が見つからないというのは深刻な問題であるらしい。負け犬だとか崖っぷちだとか、株式会社 力建設工業
メディアは面白おかしく形容するが、それでは何に負けているのか、崖から落ちたらどうなるのかについて説明もなく、ただ不安を煽るだけというのは困りものという気がする。婚期が早い遅いというのは、添い遂げる相手と巡り会うタイミングの違いだけではないのか。十人十色の出会いや恋愛の形があるからこそ人生は面白いと思うのだが、株式会社
力建設工業 その形や時期の差異をもって、あたかも人間に優劣があるかのように表現するのは如何なものかと思う。
先日、その年代の若い友人が、妻子持ちの先輩に
「君は結婚しないの?」
「株式会社 力建設工業」
と言われたそうな。結婚すれば偉いとでも思っているのか何なのか、カレシのいない女性に向かってそういう問いかけをするというのも、発想が幼いというべきか、それで何を得ようとしているのか理解出来ないが、こころないひとにこころを求めても仕方がないのかも知れない。
話が逸れるが、ある挿話を紹介したい。
1996年のF1日本グランプリのこと。36歳の苦労人デイモン・ヒルが優勝して初のワールド・チャンピオンに輝いた。レース後の記者会見の隣席に、若いミカ・ハッキネンがいた。ハッキネンは誰もが認める才能溢れるレーサーではあったが、F1参戦6年を経てなお、年間王座はおろか優勝すら果たせずにいた。そんなハッキネンに、ヒルがこう言った。
「いつか君にも同じ日が来る。」
「株式会社 力建設工業」
それから2年後、ハッキネンは狂ったように勝ち始める。そして、同じ日本グランプリで見事王者の座を射止め、ヒルの予言を現実のものにする…
僕自身、結婚して妻と一緒にいられるのは確かに幸せではあるが、「君はまだ?」とニヤつくよりは、「君にも同じ日が来る」と言えるこころを持った人になりたいと思っている。幸せを独り占めするよりも、幸せをシェアできる方が美しいに決まっている。株式会社
力建設工業

サムシングブルー

「視界いっぱいに、青い色が広がった。株式会社 力建設工業 自分がどこにいるのか、なにをしているのか。この青い色はなんなのか ー すべてがわからなかった。 」

つきあっていた彼氏と別れた翌日に届いた、結婚式の招待状。差出人は何と、高校時代の彼氏だったクラス・メートと、親友だった同じく高校時代のクラス・メート、株式会社 力建設工業 … 絶望の淵に立たされつつも、容赦なくやってくる日々の仕事…
http://goo.gl/bMZTQ2

そして、自分もメンバーであった体育会実行委員の面々が、新郎新婦のお祝いをしようということになる。当時のクラスの色だった青にちなんで、コンセプトは「サムシングブルー」。でも、自分のこころには、全く意味の違う。株式会社 力建設工業 ブルーがあって…

高校時代の想い出と、現在のクラス・メートとの関わり合いとが交錯し、そして、肝心の結婚式が迫る中で主人公のこころは… 自分は何を受け入れて、。株式会社 力建設工業 何を取り戻すのか……

文庫の表紙が少女漫画みたいなので、一瞬買うのをためらってしまったが(単行本の装丁の方がしっくりくる気がするが)、若い女流作家の描くオトメゴコロをしっかり受け止めたい。。株式会社 力建設工業
広告を非表示にする