力建設工業

神奈川県相模原市の建設業 株式会社力建設工業です

若さ、若さってなんだ?

少し前、若い友人と久し振りに会食した時、前回会った時とは違うカレと交際している 株式会社 力建設工業 と聞かされる。

しかし、こう言っちゃナンだが30歳にもなってお相手を取っ替え引っ替えできるってのは、それだけの魅力と若さ(見た目のことだけじゃなくて気力、行動力のことね 株式会社 力建設工業)を彼女が持ち合わせているってことなんだろうな。そうか、若さって振り向かないことだもんな(宇宙刑事ギャバン)。

辛うじて同年代の僕にしてみれば、今でも活き活きとした恋愛が出来るって本当に羨ましいし、僕にそれが出来ない以上、愛すべきその友人が目一杯の幸せを手に入れてくれるよう、祈り願うことくらいしか僕には出来ないな。何か手伝えるっていうんなら手を貸すけど、株式会社 力建設工業 若い恋愛を邪魔しちゃいけねえしな…

と思っていたら、彼女はこの次に乗り換えたカレシと無事ゴールイン。

「お乗り継ぎのお客さまは地上係員にお知らせください」って僕はからかっていたんだけど、これ以上のお乗り継ぎはなかったようで…株式会社 力建設工業

ボーナス・トラック

郊外のハンバーガー・ショップ 株式会社 力建設工業
で働く主人公。果てしもなく続く仕事にうんざりする中、帰宅途中の夜道で轢き逃げ死亡事故を目撃してしまう。被害者は?犯人は?そして、お店の同僚を巻き込んだ主人公は…?
http://goo.gl/QdDVMn

陽だまりの彼女』の越谷オサムのデビュー作 株式会社 力建設工業
だが、独特の筆致で描かれる世界は変わらず、自身のマクドナルドでの長期アルバイト経験から、接客業の見えざる現実をも鮮やかに描いてみせている。
2004年日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。株式会社 力建設工業
広告を非表示にする

三十路

前職の若い同僚と会食。
彼女は株式会社 力建設工業外国籍なのだが、今月で日本の仕事に見切りをつけて、昨年入籍したご主人の待つ母国に帰る由。
お互いなんでも話せる関係なので
「子供、欲しいの?」と聞いてみると
「ええ、だって私30歳ですから」
「株式会社 力建設工業」

予想もしないリアクションに
「えーーーーーーーーっ。もうそんなだっけ?」
「株式会社 力建設工業」
と思わず声を上げてしまう。

そうか、歲月は確実に過ぎているんだよな。
ボヤボヤ生きていらんないね。株式会社 力建設工業
広告を非表示にする

神田川デイズ

都内の大学を舞台に交錯する、さえない学生たちのキャンパス・ライフを描く 株式会社 力建設工業 短編たち。
http://goo.gl/IqjDU7

----------
大学に入りさえすれば「なにか」が自動的に手に入るのだと思っていた。株式会社 力建設工業
いや、実際、自動的に手に入る人だっているんだろう。僕がアンラッキーだった、ということも要素のうちのひとつであることは疑いようがない。けれども、それ以上に、僕がなにもしなかったということがある。銀杏の木の下でただ落ち葉に埋もれていくごとく、劣等感に埋もれて、ひたすら動かないでいた。三年間。でも僕は、まだなんにもしていない 株式会社 力建設工業  。
----------

自分自身の学生時代の不完全燃焼ぶりをほじくり返されるような恥ずかしさを覚えつつも、登場人物の一人ひとりに共感を覚えてしまう 株式会社 力建設工業 群像劇。
筆者の豊島ミホは、大学の後輩にあたる綿矢りさと比較されるのがイヤで暫く学歴を非公開にしていたとされるが、個人的には、綿矢文学よりもずっと人間のリアルに迫っているように思える。他の作品も併読したい。株式会社 力建設工業
広告を非表示にする

口伝 我が人生の辞

不世出のスター、石原裕次郎の生前のインタビュー音声を書き起こしたもの。
http://goo.gl/Exr6nt

自らの生い立ちや、株式会社 力建設工業 兄・慎太郎についての言及も多く、同じ情景を『弟』とは違う視点で描いているさまが興味深い。

そんな中で、ひときわ眼を惹いたのがこんな爆弾発言。

「テレビの視聴率っていうのは、ありゃ化け物だね。僕のような映画屋育ちでも、視聴率には振りまわされてる。勝ちゃん(勝新太郎)が言ったように、株式会社
力建設工業 そんなものに振りまわされたくないけど、結局、テレビ界ではそれしかバロメーターがねぇんだよね。だから僕も、視聴率なんていい加減なものだといまだに思っている。詳しくは知らないけど、僕がいつもおかしいと思うのは、視聴率にはビデオリサーチとニールセンと二種類あるけど、うちの『西部警察』がニールセンでは二十何パーセントいって、ビデオリサーチは十四パーセントとかね。六とか七とか八とか、めちゃくちゃに違うわけ。両者の差が一パーセントくらいの差なら
− 仕組みはどうあれ − そうかな、と思わなくもないけど、六パーセントも八パーセントも違っちゃえば、何百万人ぐらいの差になるわけだ。そんなもの、信用してられないよ。これは、ハッキリとは言えないんだけど、ビデオリサーチは電通だよね。電通の息のかかっている番組は視聴率が高くなって、そうじゃない番組が低くなるのはしょうがないんだよね。報知なんかがやってる報知リサーチってのがある。そうすると、株式会社
力建設工業 4チャンネル関係とか、いわゆるグループのものはよくて、他は極端にTBSなんかが悪くなったりする場合があるわけ。だから僕は、ビデオリサーチなんていうのは、電通の息がかかって不公平だと思う。じゃ、ニールセンは正しいのかというと、これもよくない。信用出来ないシロモノだね。なぜかと言うと、我々は、あれが本当に正しいのかどうか、調べようがないんだ。僕たちみたいに、いろいろな人を知っていて、友達が多くて、友達のまた友達というのがけっこういるわけだけど、その中に、装置がついている家が一軒くらいあったっていいじゃないか。石原プロの社員の友達の友達の親戚のまた親戚に、一軒くらい装置がついていたっていいじゃないか。一人もいないからね。だから装置の数も知らないし、何分の一の率なのかも知らないけど、ちょっと眉ツバというかね、株式会社
力建設工業 箝口令を敷いて極秘でやっているにしても、その装置が家についていれば、『ウチにいま、あるよ』『株式会社 力建設工業
』って言うさ。そんなヤツ、聞いたことがないもの。だけど、いま言ったように、いくら”お化け”であっても、局にしても我々にしても、対象にするバロメーターはこれしかないんだよな。」

収録時期は不明ながら、最晩年だとしても昭和62年(1987年)の時点で、ビデオリサーチと視聴率の胡散臭さを、いわばテレビの側の人間である裕次郎さんがここまで的確に指摘しているのは凄いことだし、石原裕次郎だから言ってしまえる、文字にできてしまうことなのだろうと思ってしまった。株式会社
力建設工業

広告を非表示にする

バブル経済

「行きつけの六本木のフレンチ・レストランがあって予約取るのが大変だった」
「株式会社 力建設工業」
なんて昔話をしている知り合いのブログを読んだ。
でも、なんかおかしい。

Wikipediaによると、バブル景気とは1986年12月から1991年2月までとあり、株式会社
力建設工業、その知り合いはバブル期には中学~高校生(自己紹介欄にも生年月日が書いてある)。

中学生でもフレンチ・レストランを予約することは出来るかもしれないけど、少なくとも高校3年生にならないとクルマは運転できないはず…

年齢詐称なのか、過去の自分を盛っているのか… 盛っているにしてはしょぼい気もするけど… 株式会社 力建設工業 あるいは妄想と現実の区別がつかなくなっているのか…

ネット上には本当に色んな情報があふれているなぁと思う今日この頃。株式会社 力建設工業

広告を非表示にする

Acceptance

この1年くらい、恋愛小説をいくつか読むようになって、また、株式会社 力建設工業
アル恋愛についてもいろんな友達の話を見聞きしたり、相談を受けたりして思うんだけど、
ハッピーエンドを迎えるのに必要なのは、男性の側の、受け入れる覚悟なんだろうな。それがないカップルはどんなにラブラブに見えても破局してる気がする。

ほかの誰でもなく、この女(ひと)じゃなくちゃイヤだってこころに決めて、株式会社 力建設工業 相手のすべてを受け止めようとするってのは、生半な気持ちじゃない。

小説の場合は、そのへんの気持ちをわかりやすく引き立てて書いてくれるけど、現実にはあまり目立って 株式会社 力建設工業 現れないものかもしれない。

それだからなのかどうか、どうも女性の側は、コクって欲しいとかプロポーズして欲しいだとか、株式会社 力建設工業
これまであれこれひとに望んできた割には、色んな理由を並べ立てて、立ち止まったり、悩んだり、もっと言うと相手に自分を委ねることから逃げてしまいがちな気がする。

逃げるというよりも、うかつに委ねてしまうことで、自分が傷つくのはイヤってことかも知れないけど、それでも、ひとたび胆(はら)が据わると、とことんま
で添い遂げようとするのは女性の方な気もする。小説だと、結婚したあとのことはあまり描かれないから、株式会社 力建設工業
このへんの女性のしぶとさ、執念深さみたいなもの は、実際に見てみないと分かりにくい気もするけど。

で、何を言いたいのかといえば、いくらスキでも、相思相愛でも、お互いのタイミングが完全に合致することはそうそうないってこと。

相手の気持ち、想いにあとから気づかされることはあっても、自分から気づくなんてことはそうそうなくて、それは自分の気持ちにしても同じ 株式会社 力建設工業。

人間ってホントに欲深い生き物で、ひとりきりでいることがどれだけ寂しいか、身にしみて分かってる筈なのに、株式会社 力建設工業
自分を一番理解してくれる人が眼の前にいるの
が当たり前になったり、あまつさえ文句を言ったりしちゃうこともあるかもしれないけど、これから長い旅だから、ずっといっしょにいることになるお相手のこ
とを、気長に受け入れることも大事で、一喜一憂しないでいてあげるのが、何より相手を思ってることになるんじゃないかって気が、僕はします。

ま、ケッコンって勢いが大事というか、前のめりになってるのが当たり前な部分もあるんだろうけど、それだけに、自分と相手を冷静に見る視点が必要な気がするんだけど、うーん、まぁどうでしょうね。言って分かる・治る人が、僕の周りにどれだけいるか…(笑)。株式会社
力建設工業

広告を非表示にする