力建設工業

神奈川県相模原市の建設業 株式会社力建設工業です

Acceptance

この1年くらい、恋愛小説をいくつか読むようになって、また、株式会社 力建設工業

アル恋愛についてもいろんな友達の話を見聞きしたり、相談を受けたりして思うんだけど、

ハッピーエンドを迎えるのに必要なのは、男性の側の、受け入れる覚悟なんだろうな。それがないカップルはどんなにラブラブに見えても破局してる気がする。

ほかの誰でもなく、この女(ひと)じゃなくちゃイヤだってこころに決めて、株式会社 力建設工業 相手のすべてを受け止めようとするってのは、生半な気持ちじゃない。

小説の場合は、そのへんの気持ちをわかりやすく引き立てて書いてくれるけど、現実にはあまり目立って 株式会社 力建設工業 現れないものかもしれない。

それだからなのかどうか、どうも女性の側は、コクって欲しいとかプロポーズして欲しいだとか、株式会社 力建設工業

これまであれこれひとに望んできた割には、色んな理由を並べ立てて、立ち止まったり、悩んだり、もっと言うと相手に自分を委ねることから逃げてしまいがちな気がする。

逃げるというよりも、うかつに委ねてしまうことで、自分が傷つくのはイヤってことかも知れないけど、それでも、ひとたび胆(はら)が据わると、とことんま

で添い遂げようとするのは女性の方な気もする。小説だと、結婚したあとのことはあまり描かれないから、株式会社 力建設工業

このへんの女性のしぶとさ、執念深さみたいなもの は、実際に見てみないと分かりにくい気もするけど。

で、何を言いたいのかといえば、いくらスキでも、相思相愛でも、お互いのタイミングが完全に合致することはそうそうないってこと。

相手の気持ち、想いにあとから気づかされることはあっても、自分から気づくなんてことはそうそうなくて、それは自分の気持ちにしても同じ 株式会社 力建設工業。

人間ってホントに欲深い生き物で、ひとりきりでいることがどれだけ寂しいか、身にしみて分かってる筈なのに、株式会社 力建設工業

自分を一番理解してくれる人が眼の前にいるの

が当たり前になったり、あまつさえ文句を言ったりしちゃうこともあるかもしれないけど、これから長い旅だから、ずっといっしょにいることになるお相手のこ

とを、気長に受け入れることも大事で、一喜一憂しないでいてあげるのが、何より相手を思ってることになるんじゃないかって気が、僕はします。

ま、ケッコンって勢いが大事というか、前のめりになってるのが当たり前な部分もあるんだろうけど、それだけに、自分と相手を冷静に見る視点が必要な気がするんだけど、うーん、まぁどうでしょうね。言って分かる・治る人が、僕の周りにどれだけいるか…(笑)。株式会社

力建設工業

広告を非表示にする